センター英語の過去問+詳しい解説

「アクセントのルール」7選 センター英語で最頻出!のルールだけ厳選

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
Z会東大マスター教室で15年英語講師をしていた重田真人です。中学高校ほとんどのクラスを担当したのが自慢。現在は独立してチューターズ・ユナイテッドという家庭教師派遣会社を立ち上げました。 質・量ともに日本一分かりやすいセンター英語対策ページを目指します! 資格:英検一級、通訳案内士(英語)、TOEIC950点 趣味:海外旅行、食べ歩き 特技:将棋アマ六段 (全国レーティング選手権優勝 1998)
詳しいプロフィールはこちら

さて、今回はセンター英語1Bアクセントで本当によく出るアクセントのルールを厳選して紹介します。

アクセントのルールって結構細かいんですよね。ぶっちゃけ自分もそこまでは詳しくは知らないんですよね。汗。特にあまり使わないやつは。

アクセントのルールは厳密にやるとやたらボリュームがあるのですが、自分がよく知っていて、センター英語でよく出題されるものだけに絞って解説します。

1 授業で「最低限これだけは教える」アクセントのルール

1-1 「1つ前の音節にアクセント」がある

①-ic / -ics ②-ity (-ety) ③-ical (-ial /-ual) ④-tion / -sion / -gion

この4つは何が何でも覚えておこう!と口を酸っぱく言います。

「イク・イティ・イカル+シャミセン(シャン・ション)」

シャミセン=三味線というのは、シャンとかションが三味線の音に似ているという理由で、受験業界ではよく使われる言葉です。

単語例をあげてみます。

①artístic, automátic, scientífic / mathemátics, statístics, económics

②abílity, actívity, authórity / anxíety, socíety, varíety

③médical, polítical, téchnical / espécial, commércial, industrial / habítual

④educátion, relátion, conversátion / decísion, impréssion, illúsion

ただ①は例外も多いです。
pólitic (2016年出題), Árabic, lúnatic, rhétoric, Cátholic, aríthmetic など

1-2 「2つ前の音節にアクセント」がある

①-ate  ②-ous

2つ前の音節にアクセントがあるエースは何と言っても-ate と -ousです。例をあげてみます。

-ate éducate, appréciate, commúnicate, délicate, cóncentrate

-ous dángerous, prósperous, ínfamous

例外はádequate、enórmous(2017年出題)、disástrous など

2  2009年から2018年で出題されたアクセントルール TOP1 (3者同率一位!)

第一位 (6回)

-tion / -sion / -gion

foundation (2018)、resolution (2017)、decision (2016)、religion (2012)、impression (2009)、transportation (2009)

第一位 (6回)

-ic / -ics

democratic (2017)、politics (2016)、domestic (2014)、dynamic (2013)、electronic s(2012)、epidemic (2011)

第一位 (6回)

-ate

demonstrate (2016)、appropriate (2015)、complicated (2015)、eliminate (2014)、investigate (2014)、operate (2009)

予想通りのメンツといったところでしょうか?

3  2009年から2018年で複数回出題されたアクセントルール 4位~7位

第四位 (5回)

-ical (-ial)

typical (2017)、potential (2016)、material (2016)、essential (2013)、historical (2013)

第五位 (3回)

-ity

charity (2016)、priority (2014)、authority (2009)

第五位 (3回)

-ous

enormous (2017)、ambitious (2015)、prosperous (2011)

第七位 (2回)

-ient

sufficient (2015)、ingredient (2015)

唯一「最低限教えるもの」から漏れた-ient。1つ前にアクセントがあります。

 

いかですか?自分が最低限教えているアクセントが特に頻出であることがよく分かりましたね?

ただルールだけ覚えても慣れないと気づかないことがあるので練習は大切ですよ。

 

f:id:center-tokutoku:20180113112002j:plain

勉強の悩みはプロ家庭教師のチューターズユナイテッドへお気軽にご相談下さい。

この記事を書いている人 - WRITER -
Z会東大マスター教室で15年英語講師をしていた重田真人です。中学高校ほとんどのクラスを担当したのが自慢。現在は独立してチューターズ・ユナイテッドという家庭教師派遣会社を立ち上げました。 質・量ともに日本一分かりやすいセンター英語対策ページを目指します! 資格:英検一級、通訳案内士(英語)、TOEIC950点 趣味:海外旅行、食べ歩き 特技:将棋アマ六段 (全国レーティング選手権優勝 1998)
詳しいプロフィールはこちら







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© センター英語解く得! , 2018 All Rights Reserved.