センター英語の過去問+詳しい解説

2014年度 センター英語 追試験 第2問C 会話完成 問題&解説

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
Z会東大マスター教室で15年英語講師をしていた重田真人です。中学高校ほとんどのクラスを担当したのが自慢。現在は独立してチューターズ・ユナイテッドという家庭教師派遣会社を立ち上げました。 質・量ともに日本一分かりやすいセンター英語対策ページを目指します! 資格:英検一級、通訳案内士(英語)、TOEIC950点 趣味:海外旅行、食べ歩き 特技:将棋アマ六段 (全国レーティング選手権優勝 1998)
詳しいプロフィールはこちら

現在定着した2Cの会話完成ですが、初めて出題されたのがこの2014年の追試です。

1. 2014年度 センター英語 追試験 第2問C 会話完成 問題

C 次の問い(問1~3)の会話において、二人目の発言が最も適当な応答となるように文を作るには、それぞれ(A)と(B)をどのように選んで組み合わせれば良いか。

問1

Lynne: I’m leaving for work, dear. See you at dinner.

Yoshi: (        )

【 (A) Could you (B) Why didn’t you 】 →

【 (A) bring our garbage (B) take out the garbage 】→

【 (A) when you leave? (B) while driving to the office? 】

問2

Chisato: I found an ad for group skiing lessons for only 1,500 yen! Do you want to join?

Aaron: That depends. (        )

【 (A) How come (B) How long 】 →

【 (A) do I get to play (B) do I get to practice 】 →

【 (A) by a lesson? (B) each lesson? 】

問3

Lisa: I’ve heard that some Japanese people spend a lot of money on comic books.

Akira: Yes. (        )

【 (A) More money (B) The amount of money 】 →

【 (A) is spent on comic books (B) purchased comic books 】 →

【 (A) much more for movies (B) than on movies 】

2. 2014年度 センター英語 追試験 第2問C 会話完成 解答・解説

C 次の問い(問1~3)の会話において、二人目の発言が最も適当な応答となるように文を作るには、それぞれ(A)と(B)をどのように選んで組み合わせれば良いか。

問1

Lynne: I’m leaving for work, dear. See you at dinner.

Yoshi: (        )

【 (A) Could you (B) Why didn’t you 】 →

【 (A) bring our garbage (B) take out the garbage 】 →

【 (A) when you leave? (B) while driving to the office? 】

 

[ 考え方 ]

・Lynneが仕事に出かけようとしている場面。

・最初の選択肢は(A)のCould you「~してくれませんか」。(B)は Why don’t you  なら「~しませんか」の意味があるので考える価値があるが、Why didn’t you は「なぜ~しなかったの」という意味なので明らかに不正解。

・2つ目の選択肢はbring「持ってくる」take ( out )「持っていく」。ゴミを持ってくるのは変なので(B)take out を選択。

・3つ目の選択肢は(A) while you leave 「でかける時」。(B) 「会社に向かって運転している間」だと文意が合わない。

[ 解答 ]
(A)→(B)→(A)
could you take out the garbage when you leave?

出かける時にゴミを持っていってくれませんか?

 

問2

Chisato: I found an ad for group skiing lessons for only 1,500 yen! Do you want to join?

Aaron: That depends. (        )

【 (A) How come (B) How long 】 →

【 (A) do I get to play (B) do I get to practice 】 →

【 (A) by a lesson? (B) each lesson? 】

 

[ 考え方 ]

・Chisatoがスキーのレッスン1,500円という広告を見つけAaronを誘っている。それに対してAaronがThat depends. 「時と場合による」と答えている場面。

・1つめの選択肢 (A) How come ~「なぜ~」は平叙文の語順が続くので次の選択肢と合わない。

・2つの選択肢は(A) play と(B) practice だがレッスンと合う動詞はpractice。practice lesson で「練習を行う」

play はスポーツの場合は主に球技で使われる動詞

・3つ目の選択肢はpractice は他動詞で前置詞は不要なので、(B)のeach lessonが続く。

[ 解答 ]
(B)→(B)→(B)
How long do I get to practice each lesson?

毎回どのくらい練習できることになるの?

 

ここでは答えになりませんでしたが、How come ~?の語法は超重要。2017年のセンター本試験2Bの整序英作文で出題されています。

しげT

【 2017年のセンター本試験2Bの整序英作文 問3 】

Rita: Daniel and I have to go home now.

Father: Oh, (        )(        )(        )(        )(        )(        ) usual? I thought you were going to stay for dinner.

[ ①are ②earlier ③how come ④leaving ⑤than ⑥you ]

詳しい解説はこちらをどうぞ。

 

問3

Lisa: I’ve heard that some Japanese people spend a lot of money on comic books.

Akira: Yes. (        )

【 (A) More money (B) The amount of money 】 →

【 (A) is spent on comic books (B) purchased comic books 】→

【 (A) much more for movies (B) than on movies 】

 

[ 考え方 ]

・Lisaが「日本人は漫画にたくさんのお金を使うと聞いた」と言っているのに対して、AkiraがYes. と答えている場面

・1つ目の選択肢は (A) More money「より多くのお金」 (B) The amount of money「お金の量」

(B) だと2つ目の選択肢の何れにも合わないので(A)を選択。

・2つ目の選択肢はMore moneyが主語なので、受動態の(A) is spent on comic booksを選択。物主語+受身の形。

purchase = buy

・3つ目の選択肢は(B) than on movies. を選べば、More ~ than. の形になり、on comic booksとon moviesを比較していると考えればぴったり。

(A) の選択肢だとthanがないし、for movies だとfor がおかしい。X is spent on Y 「XはYに使われる」

 

[ 解答 ]
(A)→(A)→(B)

More money is spnet on comic books than on movies.

映画よりも漫画により多くのお金が使われている。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Z会東大マスター教室で15年英語講師をしていた重田真人です。中学高校ほとんどのクラスを担当したのが自慢。現在は独立してチューターズ・ユナイテッドという家庭教師派遣会社を立ち上げました。 質・量ともに日本一分かりやすいセンター英語対策ページを目指します! 資格:英検一級、通訳案内士(英語)、TOEIC950点 趣味:海外旅行、食べ歩き 特技:将棋アマ六段 (全国レーティング選手権優勝 1998)
詳しいプロフィールはこちら







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© センター英語解く得! , 2018 All Rights Reserved.