センター英語の過去問+詳しい解説

2015年度 センター英語 追試験 第2問C 会話完成 問題&解説

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
Z会東大マスター教室で15年英語講師をしていた重田真人です。中学高校ほとんどのクラスを担当したのが自慢。現在は独立してチューターズ・ユナイテッドという家庭教師派遣会社を立ち上げました。 質・量ともに日本一分かりやすいセンター英語対策ページを目指します! 資格:英検一級、通訳案内士(英語)、TOEIC950点 趣味:海外旅行、食べ歩き 特技:将棋アマ六段 (全国レーティング選手権優勝 1998)
詳しいプロフィールはこちら

1. 2015年度 センター英語 追試験 第2問C 会話完成 問題

C 次の問い(問1~3)の会話において、二人目の発言が最も適当な応答となるように文を作るには、それぞれ(A)と(B)をどのように選んで組み合わせれば良いか。

問1

Jeremy: Why didn’t Bob buy that car?

Tim: I don’t remember exactly, but

[ (A) he had something (B) it had something ] →

[ (A) doing about (B) to do with ] →

[(A) it consuming too much gasoline. (B) it spending too much gasoline.]

 

問2

Father: Why don’t you play with your model trains anymore?

Son: (        )
[ (A) I predict (B) I suppose ] →

[ (A) I’ve grown out of (B) to have continued ] →

[ (A) that hobby.  (B) to enjoy this pastime.]

 

問3

Tom: I’ve been coughing a lot since I moved to the city.

Reiko: (        )

[ (A) That may be accounted for (B) That may help to explain ] →

[ (A) by the pollution (B) why the air quality ] →

[ (A) in the air. (B) is so dirty. ]

2. 2015年度 センター英語 追試験 第2問C 会話完成 解答・解説

C 次の問い(問1~3)の会話において、二人目の発言が最も適当な応答となるように文を作るには、それぞれ(A)と(B)をどのように選んで組み合わせれば良いか。

問1

Jeremy: Why didn’t Bob buy that car?

Tim: I don’t remember exactly, but

[ (A) he had something (B) it had something ] →

[ (A) doing about (B) to do with ] →

[(A) it consuming too much gasoline. (B) it spending too much gasoline.]

 

 

[ 考え方 ]

・JeremyがTimになぜBobが車を買わなかったのか尋ねている場面。

・最初の選択肢はBobを選択肢にするなら(A)、それ(理由)を選択肢にするなら(B) だが「それ」にしないと後ろにつながらない。

・2つ目の選択肢は have something to do with ~「~と関係がある」

・3つ目の選択肢はgasolineを使うのはガソリンを「消費する」ことなのでcomsumeを選択する。
(spend は「(お金、時間)を費やす」。consuming の前のit = that car は意味上の主語)

[ 解答 ]
(B)→(B)→(A)
it had something to do with it consuming too much gasoline.

それ(車を買わなかったこと)はそれ(その車)がガソリンを消費しすぎることと関係がある。

 

問2

Father: Why don’t you play with your model trains anymore?

Son: (        )
[ (A) I predict (B) I suppose ] →

[ (A) I’ve grown out of (B) to have continued ] →

[ (A) that hobby.  (B) to enjoy this pastime.]

 

 

[ 考え方 ]

・父が息子になぜ鉄道模型で遊ばなくなったかを尋ねている場面

・1つめの選択肢 predict 「予測する、予言する」 suppose 「思う」。現在の話なのでsupposeを選択

・2つの選択肢はgrow out of ~「成長して~しなくなる、~を捨てる」

・3つ目の選択肢は前置詞ofの後なので(A) that hobby を選択

[ 解答 ]
(B)→(A)→(A)
I suppose I’ve grown out of that hobby.

僕は成長してその趣味(鉄道模型)をやめたんだと思う。

grow out of ~はそこまでメジャーな熟語ではありませんが、知らなくても選択肢を見て思いつきたいですね。

しげT

 

問3

Tom: I’ve been coughing a lot since I moved to the city.

Reiko: (        )

[ (A) That may be accounted for (B) That may help to explain ] →

[ (A) by the pollution (B) why the air quality ] →

[ (A) in the air. (B) is so dirty. ]

 

 

[ 考え方 ]

・TomがReikoにこの町に引っ越してからすごく咳をすると言っている場面。

・1つ目の選択肢は account for = explain 説明するなので能動か受動かの違い。

そのことによって説明されるのか、そのことが説明するのかどちらも正解になりうる。

・2つ目と3つ目の選択肢は以下の何れかの組み合わせが考えられる。

by the pollution in the air 「大気中の汚染によって」

why the air quality is so dirty 「なぜ空気の質が汚いのか」

咳をすることは原因。その理由が大気中の汚染と考えると辻褄が合う。

「咳をすること」と「なぜ空気の質が悪いか」はつながらない。

・最初に戻って、by the pollution in the air が続くことになると受動態を選ぶ必要がある。

そのことは「~によって説明されるかもしれない」

 

[ 解答 ]
(A)→(A)→(A)

That may be accounted for by the pollution in the air.

それ(咳)は大気汚染によって説明されるかもしれない。

群動詞の受動態はaccount forをひとカタマリの他動詞と考えるので、for とbyと前置詞が連続する形が生じます 

しげT

[ 群動詞の受動態の例 ]

能動 Mary spoke to me.

受動 I was spoken to by Mary.

この記事を書いている人 - WRITER -
Z会東大マスター教室で15年英語講師をしていた重田真人です。中学高校ほとんどのクラスを担当したのが自慢。現在は独立してチューターズ・ユナイテッドという家庭教師派遣会社を立ち上げました。 質・量ともに日本一分かりやすいセンター英語対策ページを目指します! 資格:英検一級、通訳案内士(英語)、TOEIC950点 趣味:海外旅行、食べ歩き 特技:将棋アマ六段 (全国レーティング選手権優勝 1998)
詳しいプロフィールはこちら







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© センター英語解く得! , 2018 All Rights Reserved.