センター英語の過去問+詳しい解説

2016年度 センター英語 追試験 第2問C 会話完成 問題&解説

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
Z会東大マスター教室で15年英語講師をしていた重田真人です。中学高校ほとんどのクラスを担当したのが自慢。現在は独立してチューターズ・ユナイテッドという家庭教師派遣会社を立ち上げました。 質・量ともに日本一分かりやすいセンター英語対策ページを目指します! 資格:英検一級、通訳案内士(英語)、TOEIC950点 趣味:海外旅行、食べ歩き 特技:将棋アマ六段 (全国レーティング選手権優勝 1998)
詳しいプロフィールはこちら

1. 2016年度 センター英語 追試験 第2問C 会話完成 問題

C 次の問い(問1~3)の会話において、二人目の発言が最も適当な応答となるように文を作るには、それぞれ(A)と(B)をどのように選んで組み合わせれば良いか。

問1

Richard: Are you sure that Taro went to Chicago this summer?

Gordon: Yes. Because he said so (        ).

[ (A) when I asked him / (B) when I talked to him ] →

[ (A) if he had stayed / (B) if he had visited ] →

[ (A) America. / (B) to America.]

 

問2

Junker: Why do you think he is a good assistant?

Philip: Because (        ).

[ (A) he never fails / (B) it is likely ] →

[ (A) to turn in his reports / (B) turning in his reports ] →

[ (A) with delay / (B) without delay ]

 

問3

Player: There’s no way we can win tomorrow’s game.

Team captain: Don’t be so negative! (        ).

[ (A) It’s time / (B) We had time ] →

[ (A) to prove / (B) we’d prove ] →

[ (A) to win / (B) we can win ]

2. 2016年度 センター英語 追試験 第2問C 会話完成 解答・解説

C 次の問い(問1~3)の会話において、二人目の発言が最も適当な応答となるように文を作るには、それぞれ(A)と(B)をどのように選んで組み合わせれば良いか。

問1

Richard: Are you sure that Taro went to Chicago this summer?

Gordon: Yes. Because he said so (        ).

[ (A) when I asked him / (B) when I talked to him ] →

[ (A) if he had stayed / (B) if he had visited ] →

[ (A) America. / (B) to America.]

 

[ 考え方 ]

・2つ目の選択肢はいずれも名詞節のif「~かどうか」がある。これに対応する最初の選択肢の動詞はask 「尋ねる」

・2つの動詞のstay とvisit は何れも後ろの形によっては可能。

ただし、自動詞stay なら at / in が続く。他動詞visitなら前置詞は不要。

3つ目の選択肢にat / in はないのでvisit America を選ぶことになる。

[ 解答 ]
(A)→(B)→(A)
Because he said so when I asked him if he had visited America.

アメリカを訪問したかどうか聞いた時、そうだと言ってたので。

 

問2

Junker: Why do you think he is a good assistant?

Philip: Because (        ).

[ (A) he never fails / (B) it is likely ] →

[ (A) to turn in his reports / (B) turning in his reports ] →

[ (A) with delay / (B) without delay ]

 

[ 考え方 ]

never fail to V 「必ずVする」 二重否定の重要頻出熟語

これを知っていれば最初の2つの選択肢が決まる

・It is likely はIt is likely that節という形で「Vしそうだ」

・優秀なアシスタントなので3つ目の選択肢は without delay「遅れずに」

[ 解答 ]
(A)→(A)→(B)
Because he never fails to turn in his reports without delay.

彼は必ず遅れずに報告書を提出するので。

 

問3

Player: There’s no way we can win tomorrow’s game.

Team captain: Don’t be so negative! (        ).

[ (A) It’s time / (B) We had time ] →

[ (A) to prove / (B) we’d prove ] →

[ (A) to win / (B) we can win ]

 

[ 考え方 ]

・It is time は以下の形を取ることが多い。

[ Vしてもよい頃だ ]

It is time to V

 It is time S 過去形

なので、It is time to prove の方が自然。it is time の we’d prove はwe would prove の略なので不自然。

・We had time to なら文字通り「Vする時間があった」

・prove (that) 節 は可だが、prove to V は不可

[ 解答 ]
(A)→(A)→(B)

It’s time to prove we can win

俺たちも勝てることを証明する時だ。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Z会東大マスター教室で15年英語講師をしていた重田真人です。中学高校ほとんどのクラスを担当したのが自慢。現在は独立してチューターズ・ユナイテッドという家庭教師派遣会社を立ち上げました。 質・量ともに日本一分かりやすいセンター英語対策ページを目指します! 資格:英検一級、通訳案内士(英語)、TOEIC950点 趣味:海外旅行、食べ歩き 特技:将棋アマ六段 (全国レーティング選手権優勝 1998)
詳しいプロフィールはこちら







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© センター英語解く得! , 2018 All Rights Reserved.